FC2ブログ
プロフィール

GRID DESIGN.inc

Author:GRID DESIGN.inc

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

働くGRID

神戸市中央区に本拠を置くリノベーション会社GRID DESIGN.incのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【リノベーション・オブ・ザ・イヤー 2015】エントリー中!


こんにちは、グリッドデザインの新井です♪


先週から全国各地でスタートした『 RENOVATION EXPO JAPAN 2015 』に伴って、

この1年を代表するリノベーション作品を選出するイベント、“リノベーション・オブ・ザ・イヤー2015”が開催中です!


一般投票も開始されております!

投票は各リンクに移動していただき、事例の「いいね!」ボタンをクリックするだけでOKです★

いいね!数やシェアされた数が選考の判断基準となり、カウント数が多いものがノミネート作品として選出されます!

banner012015.jpg







グリッドも以下6事例をエントリーしております

が、現在まだまだ数が少ないです


みなさま是非とも「いいね!」&「シェア」のご協力を宜しくお願い致します(*´Д`) 



『stack black block』
http://www.renovation.or.jp/expo/oftheyear/2015/entry_detail/826

1201507131.jpg


Beforeコメント:
海の見える家”がご希望だったT様ご夫婦。物件探しからご依頼いただき、以前住んでいた家のすぐ近くで海と明石海峡大橋が見えるこちらのマンションを見つけました。

Afterコメント:
料理をしながらでも海が見えるようにキッチンを配置したり、抜群の眺望を最大限に活かすリビングにしました。基本的には無駄なくスッキリとしたデザインにしつつも、ブラックで塗装したコンクリートブロックのカウンターや、モルタル左官仕上げの壁など、少し無骨な要素も入れたシンプル無骨デザインです。
キッチン奥に設けた段は調味料など置くのにちょうどいいスペースとなっています。
ワークデスクは3mのビッグサイズ!飾り棚には旦那様の趣味がいっぱいのホビースペースになりました。
リビング建具はタモ無垢材で造りました。ガラス面を大きくし、玄関まで自然光を取り入れています。



『素材の質感を味わう、渋みのある住まい』
http://www.renovation.or.jp/expo/oftheyear/2015/entry_detail/668

IMG4995ablog20151.jpg


Beforeコメント:
神戸ポートアイランドにある築31年のマンションをリノベーションしました。
可愛らしさよりも渋さのあるもの。服や家具など、男性っぽいデザインがお好みの奥様に合った、ほどよくハード感のある住まいを意識しました。

Afterコメント:
リビング・ダイニングの壁と天井はクロスを使わず、質感を味わうため塗装とモルタルで仕上げました。
天井に通っていたお風呂場のダクトはボードで覆い、全体的にトーンを抑えた配色に。雑貨は可愛い物よりも少しハードで渋さのあるかっこいいものをセレクト。家具はアイアン×ウッドテイストのもので統一されており、照明もインダストリアルを思わせるウッド&メタル製のACMEFurnitureのものを使用しています。
お施主さま夫婦の雰囲気に合ったメンズライクなお部屋に仕上がっています。



『cozy room』
http://www.renovation.or.jp/expo/oftheyear/2015/entry_detail/829

IMG41401500201509254.jpg


Beforeコメント:
住み慣れた町でリノベーションを前提に中古戸建を探されていたお施主様。見つけたお家は約70㎡で、4人家族には少し小さめ。「限られた面積をリノベーションで最大限活用したい」「デザインも妥協したくない」
そんな想いがあり、納得いくまで何度も打ち合わせを重ね、いろいろな工夫を加えました。

Afterコメント:
カウンターキッチンにすると作業台スペースが狭くなるため、折りたたみ式の作業台を設けました。
タモ集成材のTVボードは、ベンチでもあり、収納でもあり、ゴミ箱でもあります。壁にピッタリ収まるように造りました。
玄関には大きな室内窓を設けて、光を取り入れています。また、廊下を極力短くすることでリビングを少しでも広くとれるように工夫しています。子供部屋には新たにロフトを造り、屋根裏のデッドスペースが子供の小さな遊び場になりました。決して広くはないけれど、無駄がなくシンプルデザインの心地良い住まいとなりました。



『ハングアウトな住まい』
http://www.renovation.or.jp/expo/oftheyear/2015/entry_detail/742

IMG6615a2201509253.jpg


Beforeコメント:
以前はよくある間仕切られたキッチン。
須磨の高台というロケーションにもかかわらず、間仕切りがあることで光を遮り、キッチンを中心に部屋全体が暗い印象でした。

Afterコメント:
神戸市須磨区の高台というロケーションを利用し、都会をベースにしながらもゆったりと暮らせる心地よい空間にリノベーションさせていただきました。
すぐ裏には山があり、バルコニーからは海を見渡すことができます。
自然に囲まれたお部屋には暖かい日差しが入ります。
スタイリッシュなホテルなイメージほど固くなく、でもどこか暖かい雰囲気のお家が良いというお施主様の要望で、アースカラーを基調にナチュラルな雰囲気をプラスしています。
モスグリーンの壁は少しシックに、キリっとしたイメージがお部屋のアクセントとなっています。お料理をしながら、お部屋全体を見渡せる、使いやすい家事動線でプランニングしています。
子ども部屋も大きくなっても飽きのこない淡いブルーグレーを採用しました。日差しがとても良く入るので暗くなりにくく、女の子らしい可愛さと、大きくなってもしっかりとした雰囲気を作ってくれます。
洗面所はできるだけ収納できるよう大容量の収納型洗面台を採用。あまり物を外に出したくない、しっかりとしまっておきたいというご要望を採用しています。「そんな本格的じゃなくて良いから、昔泊まった事のある素敵なホテルの洗面台がいいな」というご要望。デュラビットの洗面が素敵です。



『次の世代に受け継ぐ家』
http://www.renovation.or.jp/expo/oftheyear/2015/entry_detail/696

S6103090201509251.jpg


Beforeコメント:
海に浮かぶ文化都市「ポートアイランド」にあるビンテージマンションをリノベーションさせていただきました。
良質な建物と自然が多い開放的な風景が並び、神戸の中心地にありながらも、どこかのんびりした独特の雰囲気を漂わせています。
1981年、国内初の都市機能を持つ人口島として誕生したポートアイランド。30年以上経った今、この島の文化をリノベーションで次の世代に受け継ぎます。

Afterコメント:
木の天板のキッチンはシンク台とコンロ台がそれぞれ約2.7m!場所を気にせずにたくさんの食材を広げて料理ができます。
天井近くまであるリビングドア。ニッチの下部は雑誌等を建てられるように上部より奥行きを広くとっています。
リビングのワークデスクは二つに分けることもできます。将来移動させることも考え、壁には固定せず、レイアウト変更を楽しめるようにしました。
廊下のフローリングにはナラのヘリンボーンを貼り、リビングドアのチェッカーガラスが視界を遮りつつも、柔らかな光がエントランスまで差し込みます。



『mix culture』
http://www.renovation.or.jp/expo/oftheyear/2015/entry_detail/833

IMG7852a6502015.jpg


Beforeコメント:
新築のピカピカとした質感が好みではなかったお施主様は、大阪の都心にある築28年の中古マンションを購入し、リノベーションされました。
天井の配管とコンクリートをむき出しにした工業的なNYスタイルの中にも、パリの店街を連想させる採光窓の飾り壁や白タイルを施すことで荒々し過ぎないデザインを意識しています。
雑貨やインテリアも、エスニックなものから北欧ものまで多種多様。
系統やジャンルをカテゴライズせず、好きなものだけを寄せ集めた自由な住まいになりました。

Afterコメント:
採光窓の仕切りの向こうは、自宅で自営業をされている旦那様のワークスペース。ブルーのポイントカラーは、旦那様の会社のイメージカラーを取り入れました。
仕事に集中できるよう、リビングからは見えにくい構造に設計しています。ガラスを照らすことで生じるグレア効果を利用する為、床にウォールウォッシャーのダウンライトを埋め込みました。
既存の建具を塗装し、リメイクした建具は既存サイズでは不格好だったので、扉を大きく見せるため欄間を設けました。スイッチ等の突起物はニッチのくぼみに配置したので廊下がスッキリとして見えます。キッチンから洗面とバスルームにすぐ出られるように家事動線を重視して設計。料理をしていても確認しやすいよう、インターホンはキッチンの正面に配置しています。





GRID DESIGN Co.Ltd.
関西|大阪|兵庫|神戸|阪神間|西宮|灘区|リノベーション|リフォーム|店舗デザイン|建築設計デザイン事務所|グリッドデザイン株式会社


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://gridd.blog17.fc2.com/tb.php/157-4c8d123d

HOME
広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。